【4年第10回】カリテ_自己採点;あらら?


スポンサーリンク

さて、夏休み前の最後のカリテ終わりました。

日能研の通常授業も今週でいったん終わり。

算数・理科は相変わらずの低迷ぶり。。

国語・社会も最近伸び悩み。。。

傷だらけ・穴だらけではありますが何とか這うようにして受けた今回のカリテの自己採点です。いつものように5段階評価で。


スポンサーリンク

国語

★★★☆☆

うーん、、、ん?

ざっくり見て、共通も応用もなんかビミョーに取りこぼしている感。

選択問題も記述問題もなんか足りない。

今回の出題範囲である詩が苦手なのかな?

事前の復習ではそれなりによくできていたようですが、結果はイマイチ。

得点源の国語でこれだと早くも波乱の予感です。

算数

★★★☆☆

アカン感じです。ぽこも自分で

「算数が一番できなかったー」

といっていたので予想はしていましたが等差数列、方陣算ともに満遍なく間違えてます!

碁石の問題も直前まで復習したけど、ちょっとヒネられるとすぐ分からなくなっている。ということはやはり基本が身についていないということか。

配点が高い問題もことごとく×。

ふー。。

ちょっとここらで深呼吸しとくか。

社会

★★☆☆☆

事前に47都道府県と県庁所在地はしっかり覚え、知識問題も結構身に着け、ココは絶対出る!とヤマも張り((^_^;)臨んだ今回の社会。

ぽこ本人曰く

社会完璧かも!一番自信ある!

ぐらいの感じでしたが、結果は平々凡々な感じです。。

ていうか、もしや、きれいさっぱり忘れたか?

ぐらいの間違えようです。

これやったじゃん、出るって言ったジャン!(-“-)

ですがここはグッとこらえます。

(むろん顔には出てしまっているとは思いますが;ピクピク)

点数的にではなく、★は2つ。

理科

★★☆☆☆

いやー、

なんというんでしょうか。

水の三態、あれだけ復習したハズなのに。どうして・・・?

無力感?

脱力感??

いったい、この1週間は何だったのか・・・

もう理科だけじゃなくて、全体的な

壊滅感。

思わず嗚咽が漏れそうになるのを必死でこらえるパパ。

というのは大げさですが、とにかく何を見たらこういう答えになるのか?

理科は最後までダメだったか。。。

悔しいです。


総括

★★★☆☆

点数的には過去のカリテのワースト3に入るかも。

それ以上に、パパにとって結構精神的にキテるのは、

「あれ、結構今回イケるんじゃない?」

と思っていたこと。

というのも、

今回は事前に割と全教科ともしっかり計画に沿って復習していたし(穴は完全にふさげたとは言えませんが、致命傷になる大穴はふさいだつもりでした)、ぽこ本人も、そこそこ受け答えができていたので。

もしかすると、

カリキュラムを「こなすこと」に満足し、「こなしたからできる」と錯覚していたのかも知れません。

これはもうパパの責任です。

最近伸び悩んでいたので、点数稼ぐために焦っていたのかも知れません。

★3つとか偉そうに言ってますが、それは子供ではなくパパの点数でした。

大反省ッス(._.)

子供が本当に理解できてるかどうかをよく見きわめて、曖昧にしない。きちんと理解できているかどうかが大事である。

はー、中学受験ってムズカチイなー!!

なんか、パパがグッタリ(ぽこは意外にもカラッと元気なのが救われます)なので、見直しは明日やることにしました。